未分類

2021年の振返りと、年末に涙した想い

皆様のおかげで無事、2期目を終了することができました!
1期目と比べ、2期目は大きく売上を伸ばすことができました。

SDGsマッチング「ソーシャルマッチ」


SDGsに取り組む東南アジア企業と日本企業とのマッチングにより社会問題解決を目指す、「ソーシャルマッチ」。
カンボジアの障がい者の雇用創出を行う雑貨を作る企業様と、日本の小売企業様とのマッチングで、数千ロットの取引が成立したり、
出稼ぎ労働者を減らすカンボジアのIT企業様と、日本企業様との業務委託契約が成立し、現地で2名の雇用創出に繋がったりするなど、
2021年も、業務提携、輸出入取引、ドネーションプロジェクトなど様々なマッチングを支援させていただきました。

マッチング後の、協働プロジェクトのサポートも入らせていただくことがほとんどで、
日本企業/起業家様から、「想像を超える親密なサポートにより、海外企業との協働における課題や不安は解決できた」とおっしゃっていただいたり、
「ソーシャルマッチと出会いが、SDGsへのアクションの起爆剤となった」などおしゃっていただき、
これまで69件のマッチング支援を行い、蓄積したノウハウにより、このようにお役に立つことができ、協働の成功確率をあげることができ、本当に嬉しく思います!

2022年、より良いサービスをご提供できるようにしてまいります!!

新規事業「ソーシャルスタディ」

新規事業としてスタートした、社会問題解決に取り組む人材を輩出することを目的とした、SDGsインターンプログラムである、「ソーシャルスタディ」。
2021年、日本とカンボジアの大学生計190名以上に、カンボジアの社会起業家さんから学ぶSDGsプログラムをご提供することができました。


プログラムに参加いただいた日本の学生さんからは、
ソーシャルスタディのプログラムに参加したことがきっかけで、海外での留学を考えていると伺って、参加者様の人生のきっかけになれていることが、本当に嬉しくなりました!

来春にも、インターンプログラムを開催します。多くの方に、人生のきっかけとなる、プログラムを提供できるように、頑張ります!

対外的に評価いただく場面もあり、賞を授与いただいたり、新聞に掲載いただいたりして、本当にありがたかったです。

事業を前進させることができ、このような評価をいただけたのも、いつも頑張ってくれるソーシャルマッチメンバー、そして、いつも応援いただいている、皆様のおかげです。

メンバーが、健康に、みんなで働けることが、本当に幸せで、
素晴らしいメンバーが集まってくれて、いつも頑張ってくれて、感謝しかないです。
メンバーを幸せにできる会社をつくっていけるように頑張ります。

メンバーといい感じのパワースポットに行きました!

年末に涙した想い

世界の社会問題解決プラットフォームになるというゴールにどれだけ近づいているか、ということを考えると、全然辿り着けていない、いち早く、と、焦り、不安になる気持ちがいつも湧きます。

京セラや第二電電(KDDI)を創業された稲盛和夫さんを尊敬していて、年末に稲盛デジタル図書館で、稲盛さんの講演動画を聞いていたら、涙が出てきて、
内容が、その当時も不況だったのですが、「環境のせいにしてはいけない、潜在意識まで届く、強い意志を持って目標を達成するんだ」というような内容でした。

どこか、コロナで海外渡航してのマッチングができないから、ここまででしょうがない、当初の目標を達成できなくてもしょうがない、と思ってしまっていた、
と目標に対する意志が足りなかったと、反省しました。

コロナが終わったら、全てうまく行くわけでもないので、
今、この環境で、どう結果を出せるかが、全てだと思うので、
2022年、強い意志を持って、立てた目標を達成していきたいです。会社の組織としても常に目標達成して、勝てる組織にしていきたいです。

ここまでいったら、世界の社会問題解決プラットフォームになれた、世界の社会問題解決に大きく寄与できている、と言えるのではないかというような数値目標があって、その数値をいち早く達成できるように、頑張っていきたいです。

2022年の初旬にも、嬉しいお知らせを皆様にできることもありまして、皆様、どうぞ今後とも見守っていただけましたら幸いです。